【FF14】4年半ヒラ専をしていて感じたヒラのメリット・デメリット

初心者

こんにちは、せいらです。

「ヒーラーの良いところって何?」

「いいイメージないな・・・」

「ヒーラーのメリットを教えて」

ヒーラーはコンテンツにおいてPTメンバーの回復を担当するため、難しく責任が重いとされています。私も初めのうちは回復が遅くてタンクを落としてしまったり、ギミックが分からなくて最初にペロったりしてPTを壊滅に追い込んでいました。

しかし4年半も続けていればさすがに慣れてきて普通のIDでは床を舐めることは滅多になくなりました。

そこで本記事では4年半ヒラ専としてプレイした体験談をベースに

ヒーラーをする上でのメリット・デメリット

を紹介していきます。特に駆け出しのヒーラーさんは参考になる部分があるかと思いますので、心が折れかかっている人は是非読んでいただければ幸いです。

執筆者
執筆者
  • ヒラ専歴4年半
  • 全ヒラ職カンスト
  • ヒラで高難易度コンテンツをクリア経験

ヒラをする上でのメリット

まずはFF14でヒーラーをプレイする際のメリットを紹介していきます。マイナスなイメージが持たれやすいヒーラーですが、いいところもたくさんあります。メリットを知ることでヒーラーの良さを確認することができますよ。

無理に攻撃をしなくていい

ヒーラーをする上でのメリットの1つ目は無理に攻撃をしなくていいことです。

コンテンツにおいてヒーラーは回復役を担っているため、回復を放棄してまで攻撃をしなくてもいいという暗黙の了解があります。攻撃ばかりしてパーティーメンバーを落としてしまったらそれこそロール放棄になるからです。

また、ヒーラーは回復役ですのでエンドコンテンツでもない限り火力は求められません。回復の合間に少し攻撃を挟んで敵を倒したりするだけで十分です。

ですので慣れていないうちは回復に専念してタンクや他のパーティーメンバーを落とさないようにしましょう。例え棒立ちでも回復をしていればロール放棄になりませんので安心して下さい。慣れてきたら回復の合間に攻撃を挟んでパーティーに貢献しましょう。

せいら
せいら

慣れてくるとどうしても攻撃の方に目がいきがちになりますが、ヒーラーの役割は回復です!

イタチパイセン
イタチパイセン

白魔導士の話になるが、プレイヤーはグレアばっかりして回復しない白魔導士をグレアおばさんと呼んで皮肉っているのだ

せいら
せいら

グレアおばさんと呼ばれないように回復はちゃんとしましょう!

ミスをしたら真っ先にカバーできる

ヒーラーをする上でのメリット2つ目は自分がミスをしたら真っ先にカバーできることです。

せいら
せいら

私も範囲をギリギリ避けれなかった時はHPが減るタイミングで回復を差し込んで、何事もなかったかのように振る舞っています

イタチパイセン
イタチパイセン

でもだいたい被弾したときは被ダメのアイコンがつくのですぐバレるのだ

せいら
せいら

シーッ!

ヒーラーだったら範囲を避け損ねたり、ギミックミスしたりしてHPが減ってもすぐに自分回復できます。ヒーラーはパーティーの生命線ですので一番ペロってはならない人です。ですので被弾した時の回復優先権は自分にあります。

もし被弾した時にタンクやDPSの立場だったらヒーラーからの回復を待たないといけませんが、ヒーラーだったら真っ先に自分で自分を回復できるので瞬時にミスをカバーできるのです。

ミスをしてしまったときは素早く自分を回復して床を舐めないようにしましょう。

ヒラをする上でのデメリット

次にヒーラーをする上でのデメリットについて紹介します。このデメリットがヒーラーのマイナスのイメージにあたる部分かと思います。メリットと合わせてデメリットもしっかり確認しておくことが大切です。

責任が重い

ヒーラーをする上でのデメリットの1つ目はパーティーの回復を担っているので責任が重いことです。もし回復しきれずにパーティーメンバーを落としてしまったらヒーラーのせいになります。

せいら
せいら

連続で被弾してペロったりしたらそれはヒーラーのせいじゃないですよ

イタチパイセン
イタチパイセン

そうだな。でも誰のせいかは明確に定義できないことが多いのだ

せいら
せいら

だから文句言われないようにパーティーリストをガン見してヒールを差し込むことが大事になってきます

もし4人IDでヒーラーがペロったら全滅か、タンクが無理やり耐えてクリアかのどちらかになります。

イタチパイセン
イタチパイセン

蘇生スキルを持った召喚士や赤魔導士がパーティーにいる場合は生き返って立て直しができるのだ

8人用のコンテンツでも同じです。この場合ヒーラーは2人いますが、どちらもペロったら蘇生できるキャスターがいない限り全滅か無理やりクリアかになります。ですのでヒーラーは自分が死なないようにすることが大事です。

気が抜けない

ヒーラーをする上でのデメリットの2つ目は気が抜けないことです。

いつタンクが大ダメージを負って瀕死になるか分からないし、どのタイミングで誰が被弾するのかも分からないのでいつでも回復できるように常にパーティーリストを注視しておく必要があります。

ですので万が一の時のためにスキルを温存しておくことや、IDで急にタンクがまとめだした時のためにスプリントを使わないでおくことも大切です。

初めのうちは緊張感があると思いますが、回数を重ねていくうちに慣れていきますので大丈夫です。

せいら
せいら

初見のコンテンツは怖いですよね、特に野良では

イタチパイセン
イタチパイセン

そういう人は身内と行くのをおすすめするのだ

せいら
せいら

ヒーラーに慣れている人にアドバイスを貰ったりするもの1つの手です!

まとめ

この記事ではヒーラーをやる際のメリットとデメリットについて紹介しました。

メリット
  • 無理に攻撃しなくていい
  • ミスをしたら真っ先にカバーできる
デメリット
  • 責任が重い
  • 気が抜けない
せいら
せいら

デメリットに含むまでもないんですが、個人的にヒーラーでメインクエストを進めていると敵を倒すときに時間がかかるのでだるいです

イタチパイセン
イタチパイセン

だったらタンクかDPSでやるのだ

せいら
せいら

おっしゃるとおりですパイセン・・・

マイナスなイメージが多いヒーラーですが、ヒーラーをメインジョブしている人も多いので決して難しいロールではありません。全てのロールに言えることですが、ヒーラーは慣れです。

コンテンツでは回復役といったロールから上手くできないときにパーティーメンバーから厳しい言葉をかけられたり、タンクに抜けられたりすることもあるかと思います。

ですがそういった人ばかりではないことを心に留めておいて下さい。中には親切心でアドバイスをしてくれる先輩が大勢います。一部の心ないプレイヤーのせいでヒーラーをやめるのは勿体ないです。

ですので、まだヒーラーをやっていない人、駆け出しの人はこの記事を読んでメリットとデメリットを把握し、認識とプレイとの齟齬がないようにしてヒーラーに挑んでみましょう!

タイトルとURLをコピーしました